片羽と片羽

数年ぶりにふわりと伸ばした、片羽と片羽

お久しぶりです。shokiyaです。

高校卒業しました。

大したことは特に無い高校生活でした。

入学当時の僕、ときめいてますね。無垢だ。

ここに書いてた頃の自分と今の自分の違うところ。

○チキン度が確実に上昇。完全に陰系。

大人しく過ごしたせいでなんとなく高校生活が過ぎました。

○自信がなくなってます。自己嫌悪とかしょっちゅう。

○ニルヴァーナを皮切りに、気持ち悪い音楽や性向が

好きになりました。狂うのって!楽しい!

○オタク。になりました。マクロスシリーズだいすきです。

○前とは比べ物にならないほどBUMPを聴かなくなりました。

でも今でも好きです。

○ニコ厨になりました。主にボカロ(VOCALOID)厨です。

○そういうわけで聴く音楽の多くがボカロになってきました。

○その勢いでDTMにいよいよのめりこみだしました。

ここのブログを書いてたときのような、単純なMIDI打ちじゃなく。


と、こんな感じです。

音楽はまだバリバリやってます。

作詞作曲とかもうばっりばり。

進学のことですが。

県外の大学の文学部に受かりました。

日本語日本文学科。俺らしい。超、らしい。

隣の県へお引越しします。一人暮らしです。

まあ隣の県なのでいつでも帰れます。金さえあれば。

あと2,3日で、18年住み慣れたこの家から離れます。

高校時代、まあ、やってたバンドは面白かったです。

厨ニロックをやってました。

やるのは僕の作ったオリジナル曲が中心でした。

手作りにCD作ったりもしました。200円。

でも高校卒業にあたって、

そのバンドもコンスタントさを失います。

しばらくは向こうでDTMにこもって、

バンド熱次第で、またメンバー探したり、って予定。

あくまで予定。

今度は今とは違うバンドをやりたいかな。

それこそ、気持ち悪い、暴れられるのを。

まあでもしばらくは初音ミク(俺の嫁)と音楽籠もりです。

今、リンクさせて頂いてた皆さんのブログ全部のぞきました。

知らないうちにブログを辞めてしまった方、お疲れ様でした。

もうブログさえ残していない人もいらっしゃって。

どうしていらっしゃるだろうか。懐かしいです。

それと、少しずつでもたまに更新してる方、お久しぶりです。

近況が聞けてなによりです。

あと、まだまだ頻繁に更新なさってる方もいて。

もう、ほんっと。すごいなぁと。

尊敬します。これからも時々のぞきに参ります。


で、僕も高校1年からやっていた、

バンド繋がりのブログを載せておきます。

http://ameblo.jp/sho-vine/

本名がチラチラ見えますが、

まあ、このブログは、僕としてはとても大事なブログ。

このくらい載せても良いだろと。

でもこのバンド絡みのブログももうまもなくの命になると思います。

何せバンドが動かなくなるので。

まあ。でもまたブログを作る機会はあると思います。

そのときはすぐにここに載せに来ようかなと。

では皆さん、お元気で。
[PR]
# by shinereach | 2010-03-31 01:20 | 日常

おるびたるぺりおど

「orbital period」聴き終わりました。

ブックレットを進めながら

読む→聴く→止める→読む

の繰り返しで。

すっごく良いアルバムでした…

ボリュームがあるんですけど

それすら忘れるというか。

曲もさることながら

ブックレットのお話も凄く良い話で…

2、3時間も掛かりましたけど、

色んなトコで号泣しちゃいました。

ああ、もうまとまりません。

正気に文が書ける状態じゃないです。すいません。

アルバムと一緒に「MUSICA」って音楽雑誌も買いまして。

今月号は「orbital period」の全曲解説をやってるんです。

アルバム売ってる所の隣に並べてあったんで

財布の中の行く末も考えずに;

このぉ。頭が良いなHMV!
[PR]
# by shinereach | 2007-12-20 01:57 | 音楽

色彩の中

もう居ない人をひたすらに思い出したりして

景色に表情を見たり

味に思いを感じたり

それらのことを

自分の日常を彩る「色」と捕らえていいだろうか。

…いいような気がする。
[PR]
# by shinereach | 2007-12-19 01:01 | 想う

「ブックレット」はどんな物か具体的に説明できない僕です。

うへへ。

明日はBUMP OF CHICKENニューアルバムの発売日です。

学校帰りにHMVに寄って買います。

藤原さんが頑張ってブックレットを作りました。

藤原さんのその辺のセンスについては

「人形劇ギルド」で思い知ってるいるので

こちらもこっそり楽しみにしています。

今日ラジオで

「才悩人応援歌」と「飴玉の唄」がON AIRされましてですね。

もうね。

mちゃくちゃいい局。

しまった興奮しすぎた

めちゃくちゃいい曲になっています。

鳥肌たちました。

涙腺に刺激がぁ。

音楽でここまで感動するのって、やっぱりBUMPの曲だけです。

でも

「俺は一生この人には追いつけないだろうな…」

などと思っても凹んだりもするわけです。

うちの子(曲)たちも頑張ってほしいもんです。

何はともあれ

明日聴くのが菜のしみです。
[PR]
# by shinereach | 2007-12-19 00:53 | 日常

(○o○ ;)!!

やあ。

shokiyaですよ。

うん。

えっとぉ




















































あははははははははははははははははははははははははは!!!!!










夏休み毎日更新を実に半端な形で達成しなかった上に

ものすごい更新の滞りに

言い訳だの近況報告だの

全部おいといて

とりあえず笑いましょうね!!





あはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははっはははは
















はぁ、はぁ…。

また来ます。多分。
[PR]
# by shinereach | 2007-12-08 22:27 | 日常

賢治がみた星

「どつどど どどうど どどうど どどう」

有名な一句。

五七五のリズムはあまり感じられなく

むしろかなり現代的なリズム。

風の音をイメージしているとのこと。

これ最初に聞いたときは

「ハァ?(゜д゜)」

とさすがに思いましたが

1年前ぐらいからこの一句を味わうことができるようになりました。

何てったって忘れない。=印象的。

この記事を書いてるのはふっとどっどどが浮かんだからです。

そんぐらい。急に思い浮かぶぐらい。印象的。

それにねえ。

耳のそばで

「どっどど どどうど どどうど どどう」

と鳴っている情景。

色んな景色が浮かんでくるぜい。

趣かなりあるぜい。

このぐらいのセンスが自分もマジで欲しいと思う。

こんだけの言葉でここまでを表現できるとは。

鬼才、宮沢賢治。

調べました。ちゃんと。ええ。

これは「かぜ」というタイトル。

全貌↓


~かぜ~

どつどど どどうど どどうど どどう

あおいくるみも ふきとばせ

すつぱいくわりんも ふきとばせ

どつどど どどうど どどうど どどう


うん、分かった。

俺、宮沢賢治が好きだぁ!

だって彼は星が好きだったんでしょ?あぁ、もうドンピシャ。

よし、気が向いたら本を探そう。

好きだぁ!

どっどどどどうどどどうどどどう!!
[PR]
# by shinereach | 2007-08-27 00:22 | 日常

気付けばまた1年経ってます。

さぁ、皆さん。

BUMPの新発表がありましたあんjkhbさgりう;hが;いが。

なんとシングル同時2枚発売!

ALWAYS続三丁目の夕日の主題歌として

タイアップが決まっている

「花の名」。

ALWAYSの山崎監督はBUMP大好きですからね。

夢の主題歌にすることができて

とても嬉しいでしょう。

BUMPもALWAYS大好きですから

きっと美しい曲に仕上げてくれるんでしょう!

わーい。

もう1枚は

「メーデー」。

きっと5月に藤さんは作ったんでしょうね。

いや、逆に12月とかか?

まあなんでもいいのだ。

違うシングルとしてこの2曲を出すということは

つまりBUMPにとって

この2曲はカップルとしてふさわしくないと思ったか。

ジムショ的な問題か。

単にカップリング曲が多かったのか。

まあCD1枚のカップルとしてふさわしくない思う場合なら

2曲がカブっているからか。

もしくはあまりに違いすぎるか。

しかもカップリングについての公式発表はまだ一切無し。

おい、謎、多いぞ。

まあ発売日は10月なので

2ヶ月も先のことですね。長いぞ。
[PR]
# by shinereach | 2007-08-24 23:38 | 音楽



白い翼と黒い翼が揃って初めて、生きている。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このブログは2歳になりました。

これまでありがとうございました。

ぜひ今後ともよろしくお願いいたします。

みんなのプロフィールSP




☆短編小説「流れる」
ものすごくのったりのったり更新中
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧